アバンビーズオーラルタブレット初回限定特別キャンペーン実施中!

【驚愕】フリスクは口臭対策に逆効果ってマジか!臭い悪化の可能性有

フリスク 口臭対策 逆効果

コンビニやキオスクでも気軽に買えるフリスクですが、そのフリスクで口臭対策をしている人が多くみられます。

でも実は、フリスクで口臭対策することは逆効果になっている可能性があるんです。

つまりフリスクであなたの口臭の悪化をさせているかもしれないんです!

そこでこの記事では

  1. フリスクは、口臭予防に効果がないのか?
  2. フリスクは体内に入るものなので大量に摂取しても大丈夫なのか?
  3. 口臭問題だけでなく健康問題も関わってくるのではないか?

というようにフリスクを使用することで口臭の悪化や健康問題はあるのか、また正しい口臭対策について解説しています!

フリスクで口臭対策するつもりが逆に悪化する?

フリスク 口臭対策 逆効果

コンビニやスーパーで手軽に手に入れることができるフリスクは爽快感が特徴でその爽快感から口臭予防や眠気覚ましに活用されます。

しかし、フリスクで口臭対策は逆効果といわれています。

気分転換に口にする程度であれば全然良いのですが、口臭対策としてや口腔ケアのためとして頻繁に口にしていると口臭が悪化する可能性があります。

フリスクの多量摂取で口臭が悪化する原因としてはフリスクには人工甘味料が含まれているためです。

この人工甘味料を摂取しすぎるとお腹が緩くなったり、胃もたれ、腹痛を起こしやすくなってしまいます。

人工甘味料や爽快感のある刺激が味覚の障害や唾液の分泌に障害が出てしまう可能性があることから口臭の悪化につながるとされています。

そのためフリスクは適量の摂取に気を付けましょう。

フリスクの効果は消臭ではなくマスキング 

フリスク 効果

フリスクをエチケットとして食べている人が多いかと思います。

ですが、それが自分の口臭を悪化させていることも考えられます。

なぜならば、フリスクは「清涼菓子」であって口臭を予防してくれる食べ物ではないということ。

そして、フリスクのミントなどの香りで臭いをごまかしているだけであって残念ながら直接口臭を消している、予防してくれているわけではありません。

そんなことは知っていながら、一時的な爽快感や気分転換からどうしても口にしてしまうのがフリスクの恐ろしい部分でもあります。

どうしてもフリスクが必須というのであれば、時間を決めてみたり、一日の摂取量を見直す、一日でもフリスクを摂取しない日を確保する工夫も必要になってきます。

どんな成分が口臭を防ぐの?

口臭対策 成分

口臭を防ぐには、こまめな歯磨きやマウスウォッシュなどがおすすめですが、外出先でこまめに歯を磨くことは難しいですよね。

そんな時少しでも口臭を緩和できればとフリスクを使用してしまいがちですが、フリスクを使用しなくても日ごろからあるものを摂取していれば口臭を予防することができると言われています。

それは、「ポリフェノール」です。

ポリフェノールが含まれているものといえば、緑茶やウーロン茶。

これなら手軽に摂取できますよね。

緑茶やウーロン茶であれば普段の水分補給として摂取することができますので、こまめに取り入れることが可能でフリスクを摂取するよりもかなり健康的です。

なぜ、ポリフェノールが口臭を防ぐのでしょうか・・・?

ポリフェノールには、口の中の細菌を洗浄し、ニオイの成分と結合して消臭する働きがあるとされています。

どうしても外出先で口腔ケアができない!というときに緑茶やウーロン茶を普段から常備していれば口臭を防ぐことができるのです!

そもそも自分の口臭の原因、知っていますか?

口臭 原因

仕事での打ち合わせや大切な人と会うときに口臭が気になりますよね。

しっかり口腔ケアをしたから大丈夫、だと思っていても身近な人から口臭を指摘されてしまうこともあるかもしれません。

人に指摘される前に自分で口臭チェックする方法はないのでしょうか?自分の口臭の原因は何か確かめる方法はあるのでしょうか?

口臭を自分で調べるには、歯科にて口臭を測定してもらうことが確実です。

市販でも口臭測定器が販売されていますのでそちらでも自分の口臭の数値が分かります。

測定器以外でも掌で口を覆い自分の口のニオイをチェックすることもできます。

そこで臭いが気になれば口臭対策を始めると良いかもしれません。

参考 口臭をセルフチェックする方法ブラウン オーラルB

口臭の数値だけが分かっていても何が原因で口臭になっているのかというのは口臭測定器では知ることができません。

胃腸の調子が良くなかったり、喫煙をしていたり、普段の食生活や生活リズムに問題がある場合でも口臭は関係してきます。

自分の口臭の原因がわかることで改善もしやすくなります。

自分が当てはまるものがないか口臭の様々な原因について見ていきましょう。

口の中が原因の場合

口臭の原因の中で一番最初に浮かぶのが口の中の原因についてです。

虫歯

治療していない虫歯はありませんか?

虫歯があるとその中で細菌が繁殖し嫌なニオイを排出していることがあります。

虫歯の進行具合によりますが初期の段階ではニオイが出ることはほとんどありませんが、進行して歯に穴が開いてきたり、黒ずんでくると細菌の繁殖が始まります。

そうしてくると口臭だけでなく、歯の痛みもありますので初期の時点で治療を行うことが重要です。

虫歯の治療を遅らせることで将来的に歯を失ってしまうことにもつながってしまいますので虫歯の治療はきちんと行いましょう。

歯周病

歯と歯肉の間に汚れが蓄積され、そこから細菌が繁殖して炎症を起こすことを歯周病といいます。

歯周病の主な原因が歯と歯肉の間の磨き残しが原因とされています。

これは痛みよりも炎症を起こすことで膿が溜まるのでキツイにおいがします。

このニオイの元が口臭の原因であることも多いようです。

日ごろからしっかり丁寧に歯磨きを行うことが大切ですね。

歯周病が悪化してしまうと歯槽膿漏など、虫歯と同様で歯を失う可能性も出てきますのでしっかりと治療をしましょう。

参考 歯周病とは?日本臨床歯周病学会

ドライマウス(口呼吸)

普段から口呼吸していませんか?または寝ているときに口呼吸で寝ていませんか?

鼻呼吸の人よりも口で呼吸をしている人のほうが口臭に悩まされやすいといわれています。

口呼吸の人は口で空気を吸うので口腔内が乾燥していきます。

この口腔内の乾燥を繰り返していくうちに少しずつ乾燥が原因で口臭になってしまうようです。

睡眠中は無意識だと思いますが、できるだけ活動している時間だけでも鼻呼吸に意識づけると改良することができます。

睡眠中の鼻呼吸が難しい場合はマスクを着用すると口の中の乾燥を防ぐことができておすすめです。

舌(舌苔)の汚れ

自分の舌の状態をしっかりと確認できていますか?

口臭の原因は舌の汚れが関係していることもあります。

舌磨きというものをご存じですか?

歯磨きと合わせて舌も磨くことで舌の汚れが無くなり、口臭を防ぐことができます。

舌が汚れやすい人の特徴として、喫煙者が多いとされています。

たばこのヤニが舌にこびり付くことで舌が白くなっていき、汚れを蓄積していきます。

普段の歯磨きだけでは舌の汚れを取ることはできないので舌からニオイが出て口臭として悩まされることが多いです。

舌はピンク色の状態が清潔で健康的な舌であるため、白っぽくなっていたら舌が汚れている可能性が高いと言えるでしょう。

参考 舌みがきで口臭予防!正しい舌苔の取り方7つのポイントLidea|LION

全身の病気が原因の場合

口の中の原因以外で考えられるのが病気が原因で口臭になっている場合です。

消化不良

消化不良が原因でなぜ口臭になるのだろうかと不思議に感じますよね。

まず消化不良の原因は脂っこいものや味の濃いものを食べることで胃の中で消化しきれなくなってしまうことが大きな原因です。

さらに年齢を重ねるにつれて消化に時間がかかってしまうことも考えられます。

この消化不良が原因で胃の中のニオイが口臭につながっていくのです。

普段からバランスの良い食事を心がけるようにすることが大切ですね。

肝機能低下

体の代謝が悪いと肝機能の低下が始まります。

さらにアルコールの多量摂取でも肝機能障害が出てきます。

肝機能低下で体内の老廃物を排出する働きができなくなることで体内に溜まった毒素が原因で独特な臭いを放つことで口臭として出てくるようになります。

肝機能の低下での口臭はカビ臭のようなニオイや酸味のあるニオイが特徴的でこのような口臭が出てきたら肝機能の低下が原因と考えられます。

アルコールの多量摂取や運動不足によって引き起こされるので普段の生活を見直してみましょう。

糖尿病

口臭で糖尿病であることが分かると言われていることをご存じですか?

糖尿病は血糖値が高い状態が続くことをいいます。

糖尿病になると口臭が甘い独特なニオイを発するといわれています。

糖尿病が悪化していくにつれて、手足のしびれや、異常な喉の渇き、体調不良がみられます。

さらに糖尿病には様々な合併症があり、その中で歯周病が合併症の一つとして取り上げられています。

この合併症を引き起こすことで嫌なニオイが出てくるといわれています。

糖尿病になってしまうと心不全や心臓病などにも関わってくるので普段から食生活の見直しや運動、生活リズムを整え糖尿病の予防を行いましょう。

食生活が原因の場合

さらに普段の食生活が口臭の原因になっている場合もあります。

朝食を抜く

朝食はしっかりととっていますか?

朝食を抜くことで口臭につながるとは想像がつきませんよね。

朝起きられない、朝は少しでも長く寝たい、などと朝食の時間を確保しないまま出かけて朝食を抜きがちです。

朝食の摂取には、体内時計のリセットにつながったり、体温の上昇など健康面においてとても大切な役割を果たしています。

口臭予防のために水分をとることはとても重要ですが、水分補給以外にも食べ物からの水分を体内に確保ができないと肌、唇の荒れや乾燥と同時にドライマウスを引き起こしてしまいます。

この乾燥から口臭になってしまいます。

朝食をとらないと、咀嚼(そしゃく)がないので唾液の分泌ができません。

朝はしっかりと硬いものや歯ごたえのあるものを食べることで咀嚼ができ、唾液の分泌もしっかりとされるので口臭を防ぐことができます。

朝食をとることは日中の活力にも影響してきますので朝食をとることはとても大切なことです。

コーヒーをよく飲む

コーヒーをよく飲む人は口臭に悩まされやすいと耳にします。

リラックスしたいときや眠気覚ましにとコーヒーを飲むかと思います。

その一杯で口臭を招いていると思うと恐ろしいですよね。

まず、なぜコーヒーを飲むと口臭になりやすいのでしょうか?

それはコーヒー豆の細かな微粒子にあります。

コーヒーの豆は焙煎して細かくされており、その微粒子が舌の表面に付着しやすいことで独特なにおいを発生させます。

これが口臭の原因といわれています。

インスタントコーヒーや缶コーヒーも同様でどのコーヒーも口臭を発生させる可能性があります。

さらにコーヒーには利尿作用があるためトイレが近くなります。

トイレが近くなることで体内の水分が通常よりも早く排出されていきます。

この関係から口の中の唾液の分泌量が減少するため、口の中の細菌の繁殖を抑える働きができなくなることから口の中で細菌が増え、口臭が悪化していきます。

コーヒーで口臭を悪化させないようにするためには、コーヒーを飲んだ後に口をゆすいだり、水を飲むようにすることで口腔内の潤いが保つため、口臭の悪化を防ぐことができます。

注意
コーヒーを飲んだ後の歯磨きは舌の表面に付着した独特なにおいと歯磨き粉の香りが混ざり合って嫌なニオイを発することがあるのでコーヒーを飲んだ後の歯磨きはあまりおすすめできません。

生活習慣が原因(生理的)の場合

口の中、全身の病気、食生活、が口臭につながるというお話をしてきましたが、最後に生活習慣や生理的な現象が口臭につながるということについて紹介します。

喫煙

口臭といえば喫煙している人に多いですよね。

たばこを吸うとヤニが歯に付着します。

歯が黄色っぽく見えてしまうのもヤニが原因です。

ヤニは粘着性が強いので歯の表面についてしまうと簡単に落とすことはできません。

さらにたばこにはニコチンがが含まれており、そのニコチンが唾液の分泌を減少させ、虫歯菌の繁殖の誘発しています。

たばこは歯茎にも悪影響を与えます。

血液の循環が機能しにくくなり、歯が抜けやすくなったり、傷ができても出血しにくくなることで傷が治りにくくなります。

たばこのヤニは独特の悪臭を発します。

繰り返し喫煙をしていくことでヤニの量が口の中で増え続け、長期にわたって口の中に残り、悪臭が増えていきます。

禁煙することでヤニの付着が無くなり、オーラルケアで少しずつ汚れがはがれていきます。

さらに血液の循環が良くなり、歯茎の状態も整っていくことで喫煙による口臭は徐々に消えていくことも分かっています。

禁煙は口臭の解消だけでなく、肺がん、口腔がんのリスクもグンと下がるため、体調も喫煙しているときと比べてかなり良くなるといわれています。

口臭予防に禁煙いう選択肢はぜひおすすめしたいところです。

加齢による口臭

年齢を重ねるにつれて食事が多様化することや人工物で歯を修復することが多くなることで菌が繁殖しやすい環境になってしまい口臭を発生することがあります。

歯を人工物にすることで通常の食事に支障が出ることなく、とても便利ではありますが、ここで口腔内の管理ができていないと口臭の悪化だけでなく、歯肉の炎症や歯茎の状態が悪くなっていきます。

細菌の繁殖によって様々な合併症を引き起こすこともあります。

また、40代以降になるとニオイの元といわれる「歯周病菌」が盛んに繁殖し、歯周病が発症することが多くなります。

年を重ねても、今は義歯や治療がしっかり整っているからと安易な気持ちになってしまいがちです。

この安易な気持ちでオーラルケアを怠ったり、虫歯や歯周病の放置をしてしまうと大きな病気につながります。

若いときに比べ、口の中の環境の変化によって悪化しやすくなり、口臭を発しやすくなります。

加えて高齢になると免疫力の低下も始まります。

免疫の低下も口臭の原因であるため、こまめなブラッシング等の口腔ケアと歯科検診などを怠らないようにすることが大切です。

生理、妊娠

これは女性特有の悩みです。

女性は生理、妊娠などの体の変化によってホルモンバランスが崩れることがあります。

ホルモンのバランスが崩れることによって口臭に悩まされることがあります。

生理前や生理中になると女性ホルモンの1つとされるエストロゲンの分泌が減少します。

それに伴って、唾液の量も減り、イライラや不安感から口の中が乾きがちになりこともあります。

さらに妊娠すると女性の体は胎児に栄養を送るため鉄分やカルシウムなどの不足から虫歯になりやすくなり、口の中の環境が悪くなってしまいます。

このことから口の中の水分が減少し、乾燥や細菌の繁殖などから口臭を発するといわれています。

またつわりでオーラルケアができにくくなることで口臭を強めてしまうこともあります。

妊娠中はお口のトラブルが多いようなので妊娠が発覚した際には、歯科にて検診や治療中の物があれば早めの治療をすることが大切です。

まとめ~自分の口臭の原因を知って、それに合わせた口臭対策が必要~

口臭予防に摂取しがちなフリスクについてや口臭の原因と対策についてお話してきましたがいかがだったでしょうか?

自分たちの身近なものであるフリスクが口臭を悪化させることについて、多量摂取や間違ったフリスクの摂取の怖さについて再度確認することができたかと思います。

フリスクは一時的な口臭ケアにはなるかと思いますが、胃やお腹の調子を悪くしてしまう危険性があること、それと同時に虫歯や歯周病につながる可能性があるということなのです。

口臭予防のために口にしていたフリスクが実は口臭に対しては逆効果になる可能性があるというのはちょっとショッキングですよね。

口臭予防のためにはフリスクのように香りでごまかすマスキングではなく先にあげた口臭の原因を根本から改善していくことが大切ということになりますね。

口臭の原因は、

  1. 口の中が原因
  2. 全身の病気が原因
  3. 食生活が原因
  4. 生活習慣が原因

と大きく4つに分けられます。

口臭に悩んでいる方はこの4つのうちに当てはまる可能性が高いと言えるでしょう。

自分の口臭の原因が分かれば、自分にとって正しい口臭予防、対策が可能です。

また、口臭が体の不調、トラブルのサインになることもありますので口臭を気に掛けるということは体の健康全般にも効果があるということなのです。

口臭は自分だけでなく周りも不快な気持ちになってしまいます。

参考 日本のビジネスパーソンは歯や口臭に無頓着? 世界で恥をかくビジネスマナーYahooニュース

例え身近な人であっても口臭の指摘は少し抵抗があります。

ですから口臭について自覚がなくても自分から気にかけることは必要なのかなと感じます。

口臭を予防するために口腔内の変化にすぐに気が付けるようにすることで様々な病気の早期発見、早期治療にもつながります。

ぜひ、この記事で紹介した口臭の原因と対策を参考にしていただきさわやかな息を目指してください!

\\最安値で買うなら公式サイトが一番//
今すぐ申し込む